具合悪そうにお喋りする家族と私

経営者はまだ二度寝を諦めてなかった
テレビのインタビューとかで、「博士」について尋ねられたとしたら、あなたはどんなことを言う?「涙」は、人によって印象が全然違うなのかもしれない。

気分良く体操する彼と霧

村上春樹の文庫本が好きだと、友達の人々の話を聞き、買ったのがノルウェイの森だ。
ノルウェイの森は、日本国内外で多くの人に親しまれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
彼の文庫本は、歯切れがよく、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との中間でゆれる、ワタナベは、実際、生きる死ぬの世界でゆれているよう。
生と死という課題を取り除いても2人の女性は魅力的だと思った。
それに、ハツミさんや永沢さんやレイコさんという登場人物が加わる。
全員魅力的で一風変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
随分前に知った文庫本だが無性にあのシーンが読みたい!と思い立って開いたことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと感じた部分。
このことから、直子がちょっとだけうらやましくなった。

ゆったりと吠えるあいつと冷たい雨
元ブラビのビビアン・スーは、美しくて素晴らしい女性だと思う。
すでに30代の後半なんて、まったく信じることが出来ない。
昔見た番組で、印象に残っているのが、ビビアンが、英語のインタビューに返答していたところ。
まだ勉強中みたいだったけれど非常に一生懸命だった。
今頃英語も日本語も、すっかり話せるだろうとみている。
ビビアン・スーの魅力は計り知れないくらいなのだ。

息もつかさず叫ぶ姉ちゃんと擦り切れたミサンガ

自分の子供とのコミュニケーションをすると、娘はものすごく慕ってくれる。
2歳近くまで、仕事がめちゃめちゃヤバく、ふれあうことが少なかったため、たまたまふれあっても泣かれていた。
父なのにと悲しい心ざまだったが、仕事があわただしいからと見限らずに、定期的に、休日に散歩に連れていくらようにした、抱きしめても、お風呂に入れても泣かなくなった。
近頃、仕事で車に行く時、私が居なくなることが悲しくて泣いてくれるのがほほがゆるむ。

雲の無い大安の晩に足を伸ばして
一つの体のおおよそが水という発表もあるので、水分摂取は人の基盤です。
水の摂取を充分に行い、みなさん健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く強い日差しの中より蝉の鳴き声が耳に届くこの頃、いつもそこまで外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して丁寧な方が多いかもしれません。
夏の肌のお手入れは夏が過ぎた時に表れるという位なので、やはり気になってしまう部分ですね。
やはり、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
まして、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
なぜならば、多く汗を出して、知らない間に水分が出ていくからです。
外に出るときの自分の体調も関係するかもしれません。
ともすれば、自身で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
真夏の水分摂取は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少し歩く時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があれば非常に便利です。
一つの体のおおよそが水という発表もあるので、水分摂取は人の基盤です。
水の摂取を充分に行い、みなさん健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。

月が見える月曜の朝はビールを

セミもおとなしくなった夏の夜。
少年は縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
西瓜をかじっては種を庭に向かって吐いていると、ときおりタネが遠くまで飛ばず、自分の足に落ちたりしていた。
横に置いている蚊取り線香の匂いと、風の吹かない暑い夜、それから西瓜の味。
少年はそんな事を堪能しつつ、明日はどんなことして遊ぼうかな、と夜空を見上げた。

よく晴れた火曜の午前はゆっくりと
近頃、わが子が運動場で楽しまない。
暑すぎるからか、家のおもちゃがものすごく楽しいからか。
多少前までは、とても運動場に行きたがっていたのに、今は、そんなに遊びに行きたがらない。
考えるに、父親だと、そんなに困ることもないので、気にしてはいないが、だけれども、しかし母親としはわずかでも困っている。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

よく晴れた平日の昼にゆっくりと

私は肉をそこまで食べられないので、食生活はあたりまえに魚が中心になってくる。
で、夏の、土用の丑の日は、私にとってのイベントだ。
東の方でウナギを開くときには、背開きという風習がある。
なぜかと言うと、かつて武家社会だったので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、良くないため。
もう一方で、関西で開く鰻には、腹開きにする場合が習わし。
というのも、関西地方は商売の盛んな所なので腹を割って話そうと言う意味につなげているから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
というのも、関西地方は商売の盛んな所なので腹を割って話そうと言う意味につなげているから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
こちらの知識は、旅行会社で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた話です。
東京駅よりスタートして、静岡の浜名湖のうなぎを食べに向かうという目的。

笑顔で歌う先生とよく冷えたビール
昔、はたちの時、友人と3人で船に乗ってソウルにツアーに向かった。
初めての韓国旅行で、高級ホテルに短期の滞在だった。
繁華街をしばらく見て、はしゃいでいたけれど、それから道に迷ってしまった。
日本語は、通じないし、韓国語も全然通じない。
そしたら、韓国のお兄さんが、レベルの高い日本語で戻る方法を説明してくれた。
働きはじめる前に日本の大学に留学して日本文化の勉強をしたらしい。
そのことから、無事、楽しい海外旅行を続けることができた。
次の日、電車で道を説明してくれたその人になぜか再会した。
「ぜひまた」と言われたので、嬉しくてこの国が印象的な国になった。
いつも有給休暇は韓国旅行が恒例だ。

気持ち良さそうにお喋りする姉ちゃんと花粉症

待ち合わせの暇つぶしに、花の美術館に入って以来、あの空間に虜にされている。
びっくりしたのは、一人でじっくり見にきている方も少なくなかったこと。
以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がすごくそれからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物がすごく海の見える横須賀美術館には、大好きな谷内六郎の展示がたくさんある。
どんな方かと言ったら、まさに週刊誌、新潮の表紙絵を担当していた作家だ。
その他、鬼怒川にある、竹久夢二美術館で大量の絵葉書を買った思い出も。
そんな感じで、美術館にはいつも有意義な時間を過ごさせてもらっている。

熱中して叫ぶあの人とアスファルトの匂い
甘いお菓子が非常に好みで、バウンドケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作る甘い物が気を付けなければならなくなった。
私たち親がたいそう喜んで口にしていたら、娘が自分も欲しがるのは当たり前なので子供も食べてもいいケーキをつくる。
私は、チョコ系のケーキがめっちゃ好きなのだけれども、しかし、子供には激甘なケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖とバターをひかえてつくる。
笑顔でうまいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

◎サイト内カテゴリ

◎サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 経営者はまだ二度寝を諦めてなかった All rights reserved.