どんよりした休日の夜は食事を

経営者はまだ二度寝を諦めてなかった
「麦茶」に関して、どのように感じているかな。「悪ガキ」って、普段ではどんな感じで思われているんだろう。べつに真面目に考えたりするわけじゃないよ。

汗をたらして跳ねる子供と冷たい肉まん

喜ばれる贈り物を思いつかなくてはと考えている。
記念日がすぐで、家内に良い贈り物を渡したいのだけど、しかしとってもいいプレゼントが決まらない。
嫁になんか欲しい物があるのならばいいのだが、たいして、欲しがるものがないので、欲しい物が思いうかばない。
なのだけれど、見つからない様に喜ぶものを考えて驚かせて喜ばせたい。

怒って吠えるあなたと冷たい雨
少年はとっても腹ペコだった。
もうじき夏休みという頃、小学校から元気よく下校しているときだった。
セミはもう大きな声で鳴いていて、日光は強く、夕方とはいえまだお日様は高かった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はめちゃめちゃひもじかったから、早く帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に少し残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、余りが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家を目指した。
すると、汗がもっと噴き出してきた。

よく晴れた火曜の明け方はゆっくりと

夏でイベントがものすごくたくさんで、このごろ、夜分にも人の行き来、車の往来がめちゃめちゃ増えた。
かたいなかの奥まった場所なので、常日頃は、夜、人の行き来も車の行き来もほとんどないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人の行き来や車の通りがめっちゃ多い。
いつもの静まり返っている夜半が邪魔されてちょっとさわがしいことがうざいが、常日頃、にぎやかさが少ない田舎がにぎやかさがでているようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の行き来、車の往来があって、元気があると陽気に思える。

どしゃ降りの週末の朝にゆっくりと
ほほえみって綺麗だなーと思うので、何があっても笑顔で話すように気を付けている。
なるべく、場所と場合を見て。
でも、周りに押し付けてはダメ。
要は、一概には言えないが、自身の考えとして。
先程までシリアスな表情で一生懸命に商談をこなしていた人が、笑顔になった瞬間。
これも大好き。
笑いじわできる人がタイプ!という友人。
その気持ちも理解できるかもしれない。

そよ風の吹く大安の夕暮れに目を閉じて

とある真夏の昼過ぎ。
少年は外で、蟻の行列が死んだ虫をせっせと運ぶところをまじまじと見ていた。
アリ達はがんばって働いているのだが、虫の死体一つでこんなにもたくさんの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達が運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるかな、という好奇心がわいてきた。
でも、今日はだまって観察し続けることにした。
真夏なので、少年の汗がダラダラと流れ、とめどなく蟻たちの近くに落ちた。

凍えそうな日曜の夜明けに散歩を
冷え性にかかってからは、少しばかりヘビーだけれど、何と言っても寒い時期が恋しい。
外が乾いているので、パリッとした香り、その上ヒーターの温かさ。
真冬の陽の光ってゴージャスな気がするし、一眼レフを持って行った、朝の海もきれい。
季節感は、レフもOKだけれどトイで思いっきりシャッターを押しまくるのがクールで良い感じのSHOTが見つかる。

のめり込んで口笛を吹く彼女と失くしたストラップ

お盆やすみが間近になって、「とうろう」などの催し物が近郊で遂行されている。
付近の観光施設では、竹やすだれで作られたとうろうが並べられていた。
ほど近くの観光施設では、夜に電気のライトは付けられてなくてなくて、とうろうの光だけなのは、めちゃめちゃ良かった。
竹や木に囲まれて明かりが光っていて、癒される灯りになっていた。
繊細な光源が付近の木々を照らし出していてすごく素敵だった。

ひんやりした月曜の晩は熱燗を
ベローチェでも個人経営の喫茶店でもどこに入ってもコーヒーを飲める。
もちろん、オフィスでインスタントを入れても楽しめるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スタバだ。
どこもノースモーキングと言うのが、煙草の苦手な私にとってありがたい。
よって、コーヒーの匂いを楽しめる。
価格も安いとは言えないが、最高の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人には最高だ。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと一緒に、つられてデザートなど頼んでしまうという落とし穴もある。

ノリノリで吠える君と花粉症

先日、明日香と麻衣子と海外旅行に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた学生時代の仲間で、一緒に頑張った仲間です。
しかも、勉強していたのが旅行業と、英検だったので、旅行が趣味だという生徒たちであふれていました。
特に、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で色んな土地へ旅をした思い出は大切です。
私は元々それほど仲のいい友達が多くないし、しかもそれで良いと満足しています。
という事で、素直に喜んだけれど、横で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのも喜ばしい事でした。

夢中でお喋りする兄さんと花粉症
どういうわけか布は安い物がない。
子供が園に2週間後に入園するので、本入れやボール入れが持っていかなくてはならないだけれども、しかし、思ったより仕立てるために必要な布が少しでも値段がした。
ことに、アニメのキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、とっても高かった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの布がたいそう高い。
使用する形ののかばんがわりのものを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、面倒が無いだけど、しかし、田舎なので、確認したら、みんな、家でつくったものだし、隣近所に売っていない。

◎サイト内カテゴリ

◎サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 経営者はまだ二度寝を諦めてなかった All rights reserved.